院内設備

施設のご案内

受付、診察室、入院室、手術室に分かれています。


設備機器について

血球計算機

生化学検査機(富士ドライケム)

心電図

超音波検査機

デジタルレントゲン

歯科用デジタルレントゲン

スケラー、ポリッシング機

エアタービン

麻酔器

モニター

レーザー治療器

電気鍼

顕微鏡

トノペン(眼圧測定器)

スリットランプ コーワSL-17

超音波メス ソノサージ

 

血液検査に関しては院内検査と外注検査を組み合わせて行っています。また、歯科治療にも力を入れていて、特に猫の慢性口内炎に対しては抜歯治療を行っています。そのため歯科治療に必要な機材、歯科用レントゲン等を揃えています。

鍼治療や電気鍼が苦手な子たちにはレーザーや温灸で対応しています。

JVOC(日本獣医眼科カンファランス)基礎講習会16科目受講終了し、新たにコーワスリットランプを揃えました。

手術時間の短縮、なるべく糸を使用しない避妊手術等のため、ソノサージを新たに備えました。