歯の治療

猫ちゃんんたちの中にはヒリヒリと痛い口内炎を患っている子が居てとても痛ましく思います。そういった子に長い間ステロイドの投与をしてしまうと、難治性へとなっていきます。よく患者さん方は抜歯が最終的な治療のようにおっしゃられるのですが、私は抜歯が最初の一歩の治療ではないかと思っています。抜歯をすることによって、元気に明るくなった猫ちゃんもおられます。手術の侵襲性や、奏効率6~8割を考えるとなかなか踏みこめない飼い主さんも多いですが、だらだらステロイドを投与した後ではなく、速めに抜歯の決断したほうがいいと思っています。



ワンちゃん達もお歳をいくとどうしても口臭が出たり、いっぱい歯石がついたりして、眼の下が腫れたりくしゃみが出たり、痛みで食べられなくなったりします。また、そういった口の中の細菌が腎臓へ回り腎数値が悪化する症例も見受けます。

時々こういった子たちが無麻酔でスケーリングをしていることを見聞きします。これは、飼い主さんたちは優しい治療と思っておられるようですが、果たしてそうでしょうか?確かに麻酔は怖いですが、押さえつけられて無理やり歯石を取られることは果たして優しい治療なのでしょうか?見た目のきれいさに満足されても、歯肉の下の歯垢は取れているのでしょうか?私達が歯医者さんでスケーリングされても歯肉の内側のお掃除の時にはチクチク感じます。でもそうして初めてきれいになるし意味があります。いろいろな意見があるとは思いますが、一度考えてみてください。獣医歯科研究会では、無麻酔スケーリングに反対しています。

飼い主さんの手で歯磨きをしつけてあげる方がワンちゃんも恐怖を感じなくていいと思います。